TOP鋳型砂品質管理 > 生型硬度計 / NK-021

携帯用鋳型強度簡易測定器
生型硬度計 / NK-021

現場に携帯可能な簡易型測定器

  • 測定結果から鋳型砂の密度管理
  • 製品の品質向上
  • 許容値を設定可能なリミッタ
  • 最大値を指示する置針(赤針)付
  • 判断しやすい区別式目盛色に

NK-021の特徴

造型後の鋳型硬度測定

スクイーズ圧、ジョルト回数の造型条件選択に

生型硬度計の使い方

生型硬度計の測定方法

  1. 1.試料は試験面及び裏面が平行で平滑なものを用いてください。
  2. 2.手でしっかり保持した自硬性硬度計の加圧面(押針面)を真上から一定速度で垂直に押し付け、指示値を読み取ります。 斜めや横方向、あるいは上方向での測定は誤差を生じます。 
正しい測定方法 誤った測定方法


換算表

硬さと鋳型の状態との関係

目盛色 つき固められた鋳型の状態 荷重
極く軟らかい ~20
軟らかい 20~35
普通 35~60
硬い 60~75
極く硬い 75~

起こりうる不良項目

生型砂硬度過剰

ガス吹かれ 湯廻り不良 たまがね 脈状絞られ ベイニング 熱間亀裂 しみつき

生型砂硬度不足

介在物 すくわれ 洗われ 目ざし 荒肌 型落ち
押込 型割れ ひけ        

生型砂混練時間不足

ガス吹かれ
(混練方法の改善も必要)
介在物 すくわれ 洗われ しみつき
型落ち 押込 型割れ ひけ    

校正

預かり校正対応(年1回推奨)

校正証明書・トレーサビリティ体系図・検査証明書など

仕様 [ 型式 : NK-021 ]

形式 置針式
荷重値 1.030 - 2.324 N (105 - 237 gf)
押針形状 5.08 mm (半球形)
測定方向 下方向のみ(横・逆向きの使用は、故障原因となります)
リミッタ ±5目盛
サイズ H108 × W60 × D22 mm
重量 190g
※精密機器に付、 使用上の注意をよく読み用法を守って正しくお使い下さい。

関連商品

製品資料ダウンロード
カタログダウンロード
メールでのお問合せ