TOP生型砂の試験方法 > TJFS-202: 生型砂の粒度試験方法

TJFS-202: 生型砂の粒度試験方法

適用範囲

生型砂の粒度を測定する試験方法について定める。

用語の意味

生型砂の粒度とは、あらかじめTJFS-204(生型砂の全粘土分試験方法)により取り除いた全粘土分と残りの乾燥物(砂粒子)の粒度である。

試験装置および器具

1 はかり

感度0.01gのものを用いる。

2 ふるい

JIS Z 8801(標準ふるい)により規定された網目ふるいのうち、枠の直径200mmで、呼び寸法 (μm)が次のものを用いる。
3350、2360、1700、1180、850、600、425、300、212、150、106、75、53、およびパン。
備考:パンとは、呼び寸法53μmのふるいを通過した微細粒子を受ける皿である。

3 ふるい分け機械

原則としてロータップ型ふるい機を用いるが、これと同等のふるい分け効果のあるものを用いてもよい。

試験方法

1 試料

TJFS-204(生型砂の全粘土分試験方法)により、全粘土分を除去した乾燥物の全量を試料として使用する。  

2 操作

ふるい分けは、ふるい目の大きさの順にふるいを重ね、最上部のものに試料を投入し、蓋をして3.3のふるい分け機械に15分間かける。この場合、上部より所定の打撃を与えながら行う。次に、ふるい分け機械からふるいを外し、各ふるい面上の砂の質量を計る。

3 粒度の算出方法

各粒度の質量百分率は、次式により算出する。

ここに
R:各粒度(%)
E:ふるい面上の砂の質量(g)
B:試料(全粘土分を含んだもの)の質量 (g)

表示

各粒度は%で表示する。

記録

1 試験結果

試験結果は、小数点以下第1位まで算出する。ただし、同一の試料で2回以上の試験を行い、最大値を中心とする上下3点の粒度の偏差±5%以内のものを採用し、その際の各粒度の平均値とする。

2 生型砂の粒度分布

生型砂の粒度分布は、全粘土分を含む各粒度の質量百分率をもって表す。

3 砂粒子の粒度指数

砂粒子(全粘土を除いたもの)の粒度指数を必要とするときは、各ふるい面上の砂の質量と表1の粒度係数Snを用い、次式により求める。

ここに 
FN:粒度指数
Wn:各ふるい(パンを含む)面上の砂粒子の質量(g)
Sn:表1により与えられる粒度係数

表1 TIS Z 2601
呼び寸法 3.35
mm
2.36
mm
1.7
mm
1.18
mm
850
μm
600
μm
425
μm
300
μm
212
μm
150
μm
106
μm
75
μm
53
μm
Pan*
Sn 5 8 11 16 22 31 44 63 89 125 178 249 355 631

注:*Panとは、呼び寸法53μmのふるい下の微細粒子を言う。

規格適合試験機